広い用途に使える園芸用バケツ、タブトラッグス

TUBTRUGS(タブトラッグス)

園芸用のバケツといえば、土へ水をやったり、肥料を撒いたり、収穫した物を入れるのに使われるもの。そんな限定した使い方から、もっと用途を広げた使われ方をしているバケツが注目されています。

それは、イギリスのTUBTRUGS(タブトラッグス)。もともと園芸用のバケツとして作られていましたが、インテリア雑貨としての人気も高まってます。

特徴は、ポップな色合いと非常に柔軟性のある素材。でも「ポップな色」といっても、発色性の豊かなイタリアンな感じではありません。もっとシンプルで温か味のある色で、どこかレトロな色合いは、日本人の感覚に自然にマッチしていると思います。

素材はブリキでもステンレスでもなく、ズバリ「ポリエチレン100%」。 張りがあるのに、なんだかクニャっとした質感です。でも実はこの素材がいろんな使い道をどんどん生み出します。

たとえば、ぶつけてへこむことや痛い思い(自分が)することがない柔らかい素材は、 こども部屋のおもちゃ入れに使えます。バケツは口が広くなっていて、ポンポン入れられますので、 ふだん使いのおもちゃを収納するのに便利です。


またTUBTRUGS(タブトラッグス)には、金属バケツにあるような接合部や竹かごのような突起がありませんので、洗濯かごや衣類のつけおき洗いにも最適です。

ポリエチレン100%の利点は、丈夫で水に強いというところ。洗車バケツとしての利用もできますし、衛生的に洗える素材ですので、台所のゴミ箱にも使えます。色の種類が非常に豊富ですので、カンやビンなど分別用のゴミ箱でもいけます。

もちろんもともとは園芸用で、砂も余裕で持ち運びできるタフさ。家庭菜園にもどしどし使えます。 野菜の収納かごなんてかなりおしゃれだと思います。

TUBTRUGS(タブトラッグス)のサイズは、S、M、L。同じサイズでも、違うサイズでも、ポイポイ重ねてまとめられるそうで、いろんな色で重ねるのも楽しそうです。

ポリエチレン100%の素材は実はリサイクルポリエチレン。 注意書きには、 『本体に凹みやゆがみがある場合がございますが、製造上の過程で出来るもので不良品ではございません。お湯に付けると戻ることがあります』とか。そんな欠点もなんだか許せそうな愛嬌あるバケツです。

TUBTRUGS(タブトラッグス)のバケツ

トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。