低価格 デジタルカメラ ブーム?

低価格デジタルカメラが密かなブームらしいです。

最近のデジタルカメラといえば、手振れ防止機能や顔認識機能といった高機能カメラが人気ですが、その一方で機能を単純化して、価格を抑えたデジタルカメラが売れているといいます。

その低価格デジタルカメラのひとつが、日本ポラロイドが4月に発売したi535BB
実はこのカメラ、楽天で調べたら、9,800円(税込み)でした。

画素数は500万画素で、光学3倍ズームを搭載。手振れ補正などの親切機能はないらしいのですが、L判の写真印刷に耐える水準を確保したといいます。

日本ポラロイド「i535BB」は、ビックカメラとベスト電器が共同で「1万円以下の低価格デジタルカメラ」をコンセプトに開発。それが子供用などの新しい需要を呼び込む形となり、売れ行きも大変好調なようで、先ほど再度チェックしたら売り切れでした。
日本ポラロイド「i535BB」の外観を見る

日本ポラロイド「i535BB」スペック概要は以下の通りです

有効画素数: 500万画素
ズーム: 光学3倍/デジタル3倍
撮影距離: 標準0.4m~∞、マクロ0.05m~∞
露出補正: 03EVステップ±2.0EV
ISO感度: 50/100/200/オート
シャッター速度: 1/2~1/1000秒
記録媒体: 内部メモリー32MBフラッシュメモリー、外部メモリーSDメモリーカード(最大2GB)、SDHC(4GB)に対応

電源は単三アルカリ電池二本、対応OSは、windows2000、XP。Mac OS 9.0~。付属品にはミニ三脚もついています。

また、この他にも8月には、「使い捨てデジタルカメラ(エコデジモード)」も発売するといいます。フィルムカメラの「写るんです」のデジタル版なのでしょうか。

なんでも廃棄された携帯電話の部品を再利用しているそうです。価格は27枚撮りで、1280円からだそうで、カメラごとをショップに持ち込んで1枚37円で現像を依頼するようです。

[PR]ミネラルウォーターが送料無料!

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。