エコバッグもおしゃれにいこう!

エコバッグ。おしゃれに持ちたいものです。今日、試しに使い古しのレジ袋を持参して、買ったものを入れたんですけど、袋には違うお店のネームが印刷されてるし、非常に罰が悪いというか、なんだか貧しい気分になりました。でも、まじめな話し、

日本ではレジ袋が1年間になんと、305億枚も使われてるそうです。 赤ちゃんからお年寄りまで一人当たり300枚/年間使ってるってこと? でしょうか。 レジ袋の原料は石油。その石油が5億5800万リットルも使用されているそうです。 もちろんその生産過程でも、またゴミとしての焼却する時も大量の二酸化炭素(CO2)が排出されます。

そこで調べてみました。
単純にエコバックって今どんなものがあるの?
すごい地味で実用一点張りなんじゃないの?
と思ったけど、以前に調べた時よりだいぶ種類も増え、おしゃれになってるようです。
探した条件は、

1.簡単にコンパクトに折りたため、
2.常備してることが苦にならず、
3.なにより持っててうれしい。
4.そしてあんまり高くない。
そんなエコバッグ。三点をチョイスしてみました。

スーザンベル ニューショッピングバッグ
オランダのアーティスト、Susan Bijl(スーザンベル)が手がけたエコバッグです。 なんと素材は、パラシュートと同じ生地。丈夫で撥水加工も施してあります。 10kg以上の耐久性をもち、ポケットサイズにもたためます。 手持ちの部分は幅広になっていて、レジ袋みたいに肩や手に食い込みずらいということです。 外観は、オレンジ、ピンク、ブルーなど10色がベースカラーになっていて、 ベースカラーと同系色かハッキリとした反対色の太い1本線が大きな特徴です。 サイズはSとLがあり、Sは、28cm × 55cm。Lは、38cm × 70cm。
>> スーザンベル ニューショッピングバッグをチェックする

ルーショッパー
レジ袋と同じ型のエコバッグです。裏地付きのしっかりとした作りです。ファスナー付きの外ポケット(ルーポケットと呼ぶらしいです) がついていて、ちょっとした小物入れにうれしいかもしれません。デザインはとても豊富でカラフル。仔犬など小動物の写真プリント物も あります。バッグは内ポケットに折りたたんでコンパクトに収納できます。サイズはいくつかあるようですので、(お買い物とは限らず)用途によって使い分けるのも楽しそうです。素材は軽くて丈夫なポリエステル。
>> ルーショッパーをチェックする

ベネトン エコバッグ
最大の特長は、クルクルと小さく丸められるところ。 バッグの持ち手にはグリップがついており、使った後は収納グリップに早変わりします。 収納後の長さはわずか9センチとコンパクト。 さらにこのグリップ、重たい荷物を持っても手が痛くならないゴム製です。 グリップには穴が開いてあり、握りやすいサイズに調整もできるということです。 カラーはビビット。おしゃれで色へのこだわりがうかがえます。 そしてもうひとつ、取っ手のスナップが磁石になっていて、冷蔵庫にそのままペタっと付けられます。 これはなかなかのアイディアだと思いました。 素材はポリエステル。価格はものすごくリーズナブルです。
>> ベネトン エコバッグをチェックする

トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。