女性に人気の焼酎を探してみました。

焼酎ブームも定着の域に達し、今やとってもポピュラーな飲み物です。最近では入手しにくいプレミアム焼酎を高値で取引きするコアなファンもいらっしゃるとか。もちろん安い焼酎はコンビニでも買えますが、今回はちょっとこだわってみました。それは、「地元色の強い焼酎」それでいて「コンビニや量販店であまり見かけない焼酎」、そして何より「呑みやすく癖の少ない焼酎」です。

まず最初に探したのは、黒糖焼酎。黒糖梅酒も発売され、黒糖はちょっと注目しています。 黒糖と聞くと、「甘い、高カロリ」と思われがちですが、調べてみると実は、黒糖焼酎はアルコール飲料の中 でも低カロリーなんだそうです。しかも女性に嬉しい糖分ゼロ! とても体に優しい焼酎なのです。

黒糖焼酎「れんと」

その黒糖焼酎の中でも「れんと」は最近になって奄美大島を中心に人気が出てきた銘柄です。 軽い甘みが女性に人気だそうです。

「れんと」を製造しているのは「渡悦美」さん。女性です。栄養士の渡悦美さんは、黒糖の研究を続ける内に、黒糖の素晴らしさをぜひ島外(奄美大島)の方々にも知ってもらいたいという気持ちから「れんと」を造ったそうです。「女性にも抵抗なく楽しんで頂けるような新しい焼酎を造りたい」その想い通り、 飲み口は、マイルドで癖がありません。ワインに似たソフトでフルーティーなやさしい口当たり。口に含めば、ほんのり甘味が広がり、スッと喉を通るまろやかさと豊潤な香りが特徴です。

ストレート、ウーロン茶やソーダ割り、お湯割りと好みに合わせてお飲むのも良いそうです。好みのジュースやフルーツで、オリジナルのカクテル作りをするのも楽しそうですね。 黒糖はさとうきびの汁を煮詰めて造られている、というのは良く知られてますが、ビタミンB1、B2、ミネラルやカルシウムを豊富に含んでいるそうですよ。

ところで、「れんと」(Lento)とは、音楽用語で「ゆるやかに、ゆっくりと」という意味です。 その由来は「響熟成焼酎」という製造方法にあります。これは、貯蔵タンクにクラシック音楽の音響振動を加えることで、酵母菌の活動が活発になり、熟成を促すと言われてるものです。おもしろいことに、蔵元「奄美大島開運酒造」では、バッハ、ヴェートーベン、モーツアルト、ブラームス等のクラシック音楽が(醗酵タンク全体が残響スピーカーとなり)響き渡ってるそうです。一度見学してみたいものです。
>> 黒糖焼酎「れんと」を楽天でチェック

もうひとつ、ご紹介します。

ゆず焼酎「柚子小町」です。ゆずと聞くだけでなんか夏向き、サッパリ系という印象です。そのイメージ通り、もぎたてのユズの香り、サッパリとした爽やかな口当たり。ゆず焼酎をベースとして、壱岐の特産の天然柚子果汁と上質の果糖をブレンドして造ったリキュールです。特に女性の方に絶大な人気があります。

焼酎がベースになってはいますが、苦味はほとんどないそうです。それに、柚子に含まれる豊富なビタミンは身体にもよく、血行を良くし、胃弱や、高血圧予防、美肌にも効果がある(と言われてる)ヘルシードリンクです。そしてアルコールの弱い方にはうれしいアルコール分7%と控えめ。 飲み方としては、そのまま良く冷やしてストレートでいただくかオン・ザ・ロックがオススメということです 。ほんのりと香るもぎたてゆずの香り、上品な心地よい甘味が特徴です。
>> ゆず焼酎「柚子小町」を楽天でチェック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。