絹の腹巻

絹は「夏は涼しく」「冬は暖かい」自然を生かしたすばらしい繊維。
腹巻にも最適です。

絹 腹巻をさがす。

絹(シルク)は人間の皮膚と同じ動物性タンパク質で構成されています。 人肌にとても近い繊維ですので、人の肌を正常な生理状態に保つのに適した素材。 絹を構成している18種類のアミノ酸が皮膚細胞の活性化を図ると共に肌あれ、 かゆみなどの皮膚障害を防ぐと言われてます。また、肌を優しく保護するのでアレルギー肌やデリケートな肌の方も安心だそうです。

というわけで、絹は健康繊維なのです。 また絹は熱伝導率が低いので、 外気の温度に影響されにくく、快適な温度が保たれ、季節や温度変化に応じて優しい環境を作り出します。 つまり優れた吸汗・放湿性、通気性、保湿性により汗によるムレ、ベトつきが少なくしっとりさわやかな着用感を得られます。

一般に言われてる絹の特長。

  1. 若さを保つ
    絹に含まれるアミノ酸には若さを保つ効果があると言われてます。人の身体との親和性が高く、手術の縫合用の糸としても使われたりします
  2. 紫外線から肌を守る
    絹には紫外線を吸収して肌を守る働きがあります。さらにその吸収した紫外線を発散して皮膚を清潔に保ちます。
  3. 軽くて冬暖かく、夏涼しい。
    絹の繊維にはミクロ単位の隙間が多くあり、3分の1が空気層です。その結果、熱の伝導率を抑え、冬は暖かくなり、 夏は湿気を離散させることで、涼しく感じることができます。
  4. 帯電しにくい
    絹は静電気がおこりにくく、人に与える影響の心配がありません。
  5. 有毒ガスが発生しない。
    絹は300度から460度でないと燃えない安全繊維。有毒ガスの発生はありません。 ガス爆発、ホテル火災など突然のアクシデントで、絹やウールはしばしば人命を守っているそうです。

絹製品にも色々とありますが、今回ご紹介したいのは、「腹巻」です。 もちろん、絹の腹巻です。

絹の腹巻は、薄くて目立たちません。 薄手なので外套に影響せず、着けていることをほとんど感じさせないというところが良いです。 また、むれにくく軽い着心地で、冷房などによる夏の冷え対策としても活躍します。 腹巻というと冬物というイメージですが、 絹は、冬場はもちろん夏の冷房対策などにもお勧めです。 1枚持っておくと1年中活躍してくれます。

通販: 絹 腹巻をさがす。

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。