アスタキサンチン

アスタキサンチンってご存知ですか? アスタキサンチンは、にんじんやかぼちゃなどの 緑黄色野菜に含まれるベータカロチンと同じ カロチノイド系色素のひとつ。主に鮭・エビ・カニ・緑藻などの海洋生物に 多く含まれている赤い色素です。

このアスタキサンチンが健康効果美容効果があるとして 注目されています。

アスタキサンチンのパワーを説明するのに、よく鮭の例が持ち出されます。 鮭は、産卵の時期になると力強く川を上っていきます。 そのエネルギーの源が実は身に蓄えられている赤い色(サーモンピンク)である 「アスタキサンチン」と言われています。

その健康パワーは、なんとビタミンEの約1000倍と言われてます。

アスタキサンチンの効果で特に注目されるのが、 肌の老化予防、肌の紫外線ダメージの予防です。 これはシミやしわを改善する美肌・美白効果として美容界でも注目だそうです。

アスタキサンチンは、カロチノイドの中でも非常に強い抗酸化力を持っています。 脂肪に溶ける性質を持っていて、 細胞の中に入り込んで活性酸素を消去する力があるそうです。 脂肪でドロドロになった血液もサラサラにします。

活性酸素というのは、老化を早め病気体質にしてしまう原因ですが、 年齢が進むと活性酸素をうまく処理することができなくなるようです。

活性酸素が大量発生する要因としては、 飲酒やタバコ、ストレス、大気汚染、紫外線、電磁波、添加剤、着色料剤などなど。 とても現代社会では避けることがちょっと難しいです。

アスタキサンチンの場合は、 ベータカロチンの数十倍相当の強い抗酸化作用が認められているそうです。

またアスタキサンチンには血行促進効果もあります。 一般的には、眼精疲労改善や筋肉疲労の抑制、白内障の予防改善、 動脈硬化予防、心臓病の予防、免疫力強化、抗がん作用、ストレス抑制など、 多くの効能が説明されています。

アスタキサンチンが多く含まれる紅鮭 さて、アスタキサンチンが含まれる食材ですが、1番多いのが鮭です。 鮭の中でも最も多いのがベニザケで、1切れ(80g)にアスタキサンチン約3mg含んでいます。 よくあるシロザケは3切れでアスタキサンチン1mg程度です。

1日の摂取量は特に定められていませんが、 人間には1日に約6mgのアスタキサンチンが必要とも言われてます。

通販情報:
アスタキサンチン・サプリメント
アスタキサンチン・化粧品

コメント


トラックバック

ベニザケについて-ギョギョギョでうぉっと驚き

ベニザケベニザケ ''Oncorhynchus nerka'' (紅鮭、英名::en:Sockeye salmon|Sockeye salmon, :en:Red salmon|Red salmon)は、サケ目サケ科に属する魚類|魚。陸封型(一生を淡水で過ごす)の個体はヒメマスと呼ばれる。.wiki

2007年02月05日(月) 02時47分 | ギョギョギョでうぉっと驚き

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。