アップリカのウォーターラソック

アップリカのウォーターラソック

ウォーターラソックは、アップリカが開発提供するキッズ用シューズです。 水辺で遊ぶ子供の足を守るウォーターラソック。その特長は、 濡れてもすぐ乾く、「超速乾素材」と素足に近い歩行を促す工夫。

汗や水をすばやく吸収、発散

三つの排水システム
  1. 靴底に樹脂の網目のドレインメッシュ。靴に入った水をすばやく流し、足蒸れを軽減します。
  2. 靴中底に通気性、排水性、クッション性を兼ね備えたメッシュ素材を採用。
  3. インソール裏側に重心移動に合った窪みをつくりました。 体重をかけた時、ポンプの役割を果たし、排水効果を高めます。

はだしに近い歩行を促す6つの機能

  1. 土踏まずの形成を促す トライグリップ
    拇指と第2指がT字の凸部をつかみ、裸足歩行のように地面をしっかりつかんで歩く状態をつくります。
  2. 足指がのびのび動く ゆったりフォーム
    足の形状変化と足指の動きを妨げない幅広の靴型。自然な歩行、正しい歩行をサポート。
  3. 歩行に合わせて曲がりやすい フレックスライン
    靴底には、歩きやすさを考えた深くて長い溝。中足骨のアーチに沿って柔軟に曲がる最適な形状です。
  4. 足の動きと一体化させる インソールフレックスライン
    インソール裏側にも2つの足のアーチ(参照1)に沿ったラインをつくり、歩行をサポート。裸足のように歩きやすい状態をつくります。
  5. 足と動きを一体化させる スタビライザー
    靴底に固さのちがう素材を組み合わせることで、中足骨アーチに沿って曲がりやすい状態をつくります。
  6. つまずきを防ぎ、蹴り出しやすい 反りのあるつま先
    つま先がわずかに反り上がっているので、つまずきにくく、歩きやすい状態をつくります。
(参照1):アーチについて

なるほど発見!ウォーターラソック

ウォーターラソックの工夫を画像でさがしてみました。

インソールをとった状態。
靴底のメッシュが確認できます。
柔らかそうなインソールにやはり穴が開いてます。
見にくいかもしれませんが、 けっこう小さな穴がたくさん。
つま先がそってます。つまづきにくく歩きやすい工夫。
幅広形状がおわかりになるでしょうか?

靴の裏。深くて長い溝があります。
なんと丸で囲んだ部分にはやはりメッシュの穴が・・。
通気性、排水性の工夫がこんなところにも。

子供の夏、水辺遊びにぴったりなシューズ。
通販 アップリカのウォーターラソック
参考 アップリカホームページ (赤ちゃん医学、育児Q&Aなど役立つ情報がありました)
関連記事 ビルケンシュトッククロックスケイマン

コメント


トラックバック

ウォーターラソック

健康情報ポータル「ケンブロ」のウォーターラソック情報です

2006年07月19日(水) 19時18分 | ケンブロ

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。