サーキュレーター

サーキュレーター は、室内の冷暖房の空気を循環させるためのファンです。 暖かい空気(暖房)は上にたまりやすく、冷たい空気(冷房)は下にたまりやすいというのは良く知られてますが、 こういうたまった空気を循環させ部屋全体の冷暖房を均一にするものです。

ん? でもそれってつまり扇風機?  実は先日、ホームセンターでサーキュレーターを見かけて、扇風機との違いがよくわかりませんでした。 ずいぶん変わった扇風機が出てるなぁと思ったくらいですから。

家でも夏に部屋を急速冷房したい時などは、扇風機を使ってます。 上向きにしてクーラーをかけると、部屋の隅々まで冷気が行き渡り、設定温度も2~3度低く抑えられます。 そうなんです。扇風機でできることをなぜわざわざサーキュレーターなのか? 

それで調べてみると、サーキュレーターには扇風機が持っていない特徴があるようです。 その大きな違いが直進性です。 風を直線的にまっすぐ押し出す。そしてその押し出す力が強く遠くまで届く

ホームセンターで見かけたサーキュレーター。 ファンがシングルのもの。2個の物。3個の物があった。 それぞれ自由に風の向きを変えられる。ちょっと近未来的なデザインで、ひときわ目をひきました。

扇風機の風はどちらかというと「拡散」に近いです。 水に例えると、扇風機がシャワーならサーキュレーターはホースの先をつまんで勢いよく遠くまで水を飛ばすという感じでしょうか。 つまり空気を対流させるような通り道を作るのが得意なんですね。

マンションのような密閉された空間。都市部の窓も開けられない猛暑の時は良いかもしれません。 またピンポイントで風を送れるので、ロフトなどの空気の滞留しやすいスポットにも有効だと思います。

サーキュレーターにはもうひとつ利点があります。 それは季節性がないというところです。 扇風機は風で涼むものですが、サーキュレーターは空気を循環させる別の目的があるので、 オールシーズン置いておけます。実は冬の暖房も空気を循環させると暖気がむらなく行き渡りますよ。

冬の扇風機は視覚的にはなかなかあり得ないので(というか出してあること自体がちょっと恥ずかしい)これはいいかもしれません。 それと扇風機はファンの部分が意外と大きくて割りと幅があるものですが、 サーキュレーターの場合は、ファンが小さいので、比較的にコンパクト&スリムに製造できるようです。

ではサーキュレーターに欠点はないのか?

実は風量を最大にすると、風切りの騒音が気になるというコメントをよく見ました。例えば ボルネードのシルバースワンという扇風機を見ると、 最大風速は159~187.1m/分。同じ ボルネードのエアーサーキュレーターモデル180 というのを見ると、425m/分~490m/分。かなりの差があることがわかります。

商品説明に騒音値(db)の表記がほとんどないので、なんとも言えないのですが、ひとつだけ マイナスイオン発生サーキュレーター(KJ-D356MW) がMAX時で60dbという表記を見つけました。
60dbがどの程度のレベルかというと、

70dB電話のベル・騒々しい街頭、騒々しい事務所の中
60dB静かな乗用車、普通の会話
50dB静かな事務所

もっとも扇風機の場合でも最大風量にするとかなりうるさいですし、基本的にMAXで使ってる人は少なく、 だいたい中低レベルで使用してるようです。もしかしたら、 音が気になるかも知れないと心配の方は、家電量販店やホームセンターで忘れず確認したほうが良いと思いますよ。

サーキュレーター
(Produced by 通販ファンのグッツマガジン

コメント

ガラクタ屋 #tHX44QXM

はじめまして^^これ、いいですねー。
欲しくなっちゃいました。

2006年06月08日(木) 01時43分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。