メモリボ(memoribo)

メモリボ は、コクヨから発売されてる電子暗記カード。 従来の紙カードに一枚一枚英単語を書き、手でめくって覚えるいわゆる「単語カード」のデジタル表示版です。 サイズ(W/D/H)は98×15×40mm。重さ約50gで、携帯持ち運び可能です。 >>メモリボイメージ画像

メモリボ(memoribo)ができることは、

  1. 最大で暗記カード2,000枚分(1冊100枚の暗記カードを最大20冊まで)を収録できる。
  2. ボタンを押すだけで問題画面と解答画面を簡単に切り替えることができる。
  3. 問題と答え、どちらからでも自由に選んで学習できる。
  4. ページを自動的に送る「自動再生機能」がついている。
と、これだけだと従来の「単語カード」とほぼ同じ。ここからデジタルカード。
  1. 電源を切ったページに印を付けられる「しおり機能」がある。
  2. 問題をランダムに表示する「シャッフル機能」がついてる。
  3. 覚えた語句だけを隠す「非表示機能」がある。
  4. 大学入試用英単語集「英単語ターゲット1900」(株式会社旺文社刊)に掲載されている英単語1900語を収録。
  5. 「漢字ターゲット1700」や「日本史年代暗記ターゲット312」、「世界史年代暗記ターゲット315」(株式会社旺文社刊)などを無償でダウンロード。
    >> メモリボ(memoribo)ダウンロード

単語登録はダウンロードの他、 付属の専用アプリケーションソフト(softmemoribo)をパソコンへインストールすれば自分でも入力できます。 入力したデータはUSBでメモリボへ落とすことができますので、自分だけの単語集を作れます。 またsoftmemoribo上(パソコン)でも単語や漢字の学習ができます。

イメージ貧困ですが、「九九」、「歴史年号の語呂合わせ」や「化学記号」、「四文字熟語」なんてのもありですし、 仕事上でも「商品名ー商品コード」とか個人個人で色々使える場面がありそうです。 いつもパソコンデスクやカバンの中にあって、ふっとした気分転換に英単語をめくってみる。 というのも案外普通に楽しめていいかもしれませんね。

メモリボ 電池寿命は連続使用で300時間とやたら持ちが良いです。
対応OSは、WindowsR98SE、WindowsRMe、WindowsR2000Professional(SP4まで)、WindowsRXP(SP2まで)で、本体の色は、青、黒、緑、ピンク、白の5色。 販売予定価格(消費税込)7,140円とプレスリリースに書いてありましたが、実売価格はもっと安いです。

▼通販情報
電子暗記カード memoribo(メモリボ)NS-DA1
参考:コクヨプレスリリース 電子暗記カード「memoribo(メモリボ)」を新発売

通販ファンのグッツマガジン

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。