ビールグラス

ビールグラスいろいろ
ビールグラスと一口に言っても、いろいろと種類がありますよね。 よくお店で対面するのが「ジョッキ!」。大きな取っ手のついたガラス製(または陶器)のもの。 それから「ゴブレット」というのは、ワイングラスにちょっと似た脚のついたグラスです。 「タンブラー」は、取っ手も脚もない細長いコップのような形をしています。

ちょっと面白そうなので、タイプ別にビールグラスを並べてみました。

ビールグラス・ジョッキ ジョッキ ビールグラス・聖杯型グラス 聖杯型グラス ビールグラス・チューリップ型 チューリップ型
ビールグラス・チューリップ型 ゴブレット型 ビールグラス・ピルスナー型 ピルスナー型 ビールグラス・タンブラー型 タンブラー型
ビールグラス・陶器 陶器 ビールグラス・備前焼 備前焼 ビールグラス・一口ビールグラス 一口
ビールグラス

ビールグラスで味が変わる?
他にも磁器のマグや金属製コブレットなどがあり、ざっと取り上げただけでもかなりの種類を見つけることができます。実はグラスの形はビールの味にも影響します。ポイントは、「グラスの飲み口」。

チューリップ型やピルスナー型のような飲み口が広がっているタイプはガスが抜けやすい為、むしろ口が狭まっているほうが良い。また口が狭いと、下から上がってくる泡が集まってくる状態ができ、より滑らかさが増します。 道路で言う交通渋滞のような感じを作り出すのでしょうね。

本格派は、バカラオノロジーシリーズがよろしいかと
それで通販ファンのグッツマガジンでは、特に「タンブラー型」、「ゴブレット型」を推したいと思います。理由は「飲み口が狭く」「狭いが飲みにくくない」そして「底に丸みを帯びていること」。

底の丸みはデザイン的な美しさもありますが、ビールを注いだときの衝撃が少ないのは良いそうです。 泡とビールがすぐに分離して綺麗な層を作りやすいのです。

さらに「タンブラー型」、「ゴブレット型」の中でも バカラ オノロジー はいかがでしょうか。「オノロジー」はオノロジスト(醸造学者)たちの望む品質に応えるため、 特別に作られたグラス。テイスティングのために特別に設計されたものです。 ガラス工芸の確かさには定評がありますが、曲線の美しさは他のタンブラー、ゴブレットとは完成度が違います。

目で楽しむならリッツェンホフなどいかが
リッツェンホフ(RITZENHOFF) ビアクリスタルシリーズ は、世界各国のデザイナーや建築家、イラストレレーターがデザインを手がけてます。 モチーフは「王様」です。ヨーロッパで数々のデザイン賞を受賞しているそうで、とにかくイラストが楽しいです。

形はビールにはあまり適さないと言われてる「ピルスナー型」が主。 でも視覚も味覚の一部と考えるなら、これもありではないでしょうか。パーティやギフトにはピッタリな雰囲気です。

いつもカジュアルに飲めるところが「ビール」の良さ。 でもビールグラスひとつでまた違った広がりがありそうと思ったのは新しい発見でした。

関連通販情報:

ビールグラス人気ランキング
リッツェンホフ(RITZENHOFF)
一口ビールグラス
ベルギービールグラス
バカラ オノロジー
陶器ビールグラス
備前焼ビールグラス
ビールと地ビール

通販ファンのグッツマガジン

トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。