万雄 ドライヤー

万雄 ドライヤー(DY-3600)

万雄ドライヤーは、遠赤外線を使った超低電磁波セラミックドライヤーです。 万雄(バンユウと読みます)というのは 商品名ではなく、大阪の会社の名前。

今までのドライヤーと違うところ

これまでの多くのドライヤーは、発熱体にニクロム線を使用し、その熱風で当然髪の毛は乾くのですが、 過剰に水分を奪い、知らず知らずにキューティクルを傷めます。 また、高温の熱風は髪だけでなく手や地肌も乾燥させ、過剰な刺激は頭皮の老化にもつながっていきます。 そこで、この超低電磁波セラミックドライヤーは、発熱体にニクロム線でなく、特殊セラミックを使用。髪のダメージを最小限に抑えます。また、大量に放出される遠赤外線とマイナスイオンの相乗効果で髪本来の艶となめらかさを取り戻してくれます。

電磁波の発生も少ないようです。

WHO(世界保健機構)の国際がん研究機関は、 4ミリガウスを超える電磁波に健康への危険を警告していますが、 従来のドライヤーは、なんと20~500超ミリガウスという大量の電磁波を放出し、 私たちはそれを至近距離から頭部に降り注いでいる事となります。 超低電磁波セラミックドライヤーの特殊セラミックは、 この電磁波をWHO提唱の4ミリガウス以下にまで抑えた設計を施しています。

そもそもマイナスイオンって何だっけ?と思って調べましたが、「原子」とかの話しが出てきて、 混乱しました。とにかく良く言われる滝や森林に多く発生する気持ちのいいものと思いましょう。 「空気のビタミン」とも言われてるそうです。

それで、マイナスイオンの効力はというと、

  • 新陳代謝の活発
  • 血液の浄化作用
  • 血液を弱アルカリ化
  • 抵抗力の増進
  • 老化抑制
  • 美肌効果
だそうです。ドライヤーにここまでは要求はしません!とは思いますが、 確かに熱風で乾かすと髪がパリパリになるし、それでキューティクルが壊れるのは困る。

実は女性雑誌「JJ」、全国理美容新聞などで取り上げられたそうで、 地味ながらも知る人ぞ知る密かな人気商品になりそうな予感。

万雄 ドライヤー・超低電磁波セラミック(DY-3600)

トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。