曲げわっぱのお弁当箱

曲げわっぱのお弁当箱

曲げわっぱ 曲げわっぱは、秋田県大館の工芸品です。 元々は、木こりが杉の生木を曲げて桜の皮で縫い合わせて作ったといわれ、 江戸時代には大館城主佐竹西家が、武士の副業として奨励、発展してき ました。

曲げわっぱに使う木は、樹齢200年の「天然秋田杉」。乾燥のため3年間寝かせます。 板は、柾目がきれいで節のない、中心付近のドーナッツ状の部分だけを使います。

秋田杉の板は、薄くはいで熱湯に漬け、軟らかくした後、曲げ加工されます。 わっぱは曲げられたまま接着され、桜皮で留められ、「曲げわっぱ」の形が出来上がります。 ここまで2週間。約10行程が手作業で行われます。

この後、曲げわっぱに「塗りとみがき」の作業が入ります。 4~5回繰り返され、この工程が2週間。検品まで入れると実際の製品化までに1カ月もかかるそうです。

曲げわっぱの利点

よく「木は呼吸してる」と言われます。 曲げわっぱ弁当箱の特徴は、木の性質そのものです。 吸湿性に優れた曲げわっぱのお弁当箱は、適度に水分を調節します。

たとえば御飯の余分な水分は、天然木が吸収してくれる為、 おいしさが保たれると同時にいたみにくいという利点があります。 これは、プラスチック製のお弁当箱では経験しがたいものです。 お弁当箱自体が、木のにおいがするのでごはんもいい香りがします。

曲げわっぱ弁当箱の種類(形)

小判型や丸型は、昔ながらの形です。入り子型と呼ばれる二段のお弁当箱は、食べ終わると下段に上段が収納できるように なってます。仕上げ方法は、素材の味をそのまま残した白木仕上げや内側に朱や黒の塗装をほどこしたものがあります。

曲げわっぱ・小判弁当 曲げわっぱ・丸弁当 曲げわっぱ・ひな弁当 曲げわっぱ・くつわ弁当 曲げわっぱ・梅花弁当
小判弁当丸弁当ひな弁当くつわ弁当梅花弁当

曲げわっぱ・はんごう弁当 曲げわっぱ・スリム弁当 曲げわっぱ・小判二段入子弁当 曲げわっぱ・長角二段弁当
はんごう弁当スリム弁当小判二段入子弁当長角二段弁当

曲げわっぱ・隅丸二ツ重弁当 曲げわっぱ・二ツ重丸弁当 曲げわっぱ・隅丸二段入子弁当 曲げわっぱ・入子エッグ弁当
隅丸二ツ重弁当二ツ重丸弁当隅丸二段入子弁当入子エッグ弁当

曲げわっぱのお弁当箱 の通販商品一覧は、 こちらでご覧になれます。
※取り扱い: 五代目池庄 和み・いちばん 秋田県物産振興会 白神い~べ舎


曲げわっぱの手入れ方法

  • 使用後はぬるま湯または水で洗って、柔らかい布で拭き取る様にします。 使用しないときは、良く乾燥させて保管します。
  • 変形または変色するおそれがありますので、直射日光等はさけて保存して下さい。
  • たわし、または磨き粉で磨かないで下さい。 漂白剤を使用しないで下さい。 木肌に残った澱粉質と漂白剤が反応して、茶色または紫色に変色する場合があります。
  • おひつ等にご飯を入れたまま冷蔵庫に保管しないで下さい。 容器内外の湿度差と、急激な温度変化により蓋が強くゆがみ、元に戻らなくなることがあります。 万が一激しくゆがんでしまった場合は、蓋を水で濡らして水をよく含ませて塗れタオルで包みしばらく置き、 それから内外ともゆっくりとよく乾燥させると元に戻るかもしれません。

参考:
東北森林管理局(天然秋田杉の特性)
大館曲げわっぱ協同組合

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。