スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォールマグ M11(RIVERS Wallmug Type M11)

ウォールマグ M11(RIVERS Wallmug Type M11) はロハス的マグ。

ウォールマグ は、携帯用の一人マイカップです。 サーモマグ、タンブラーという呼ばれ方をされたりしますが、基本的な機能や用途は同じです。 最近、オフィスでもウォールマグを持ち歩く人を見かけますね。スターバックスのタンブラーは有名です。

特徴は、魔法瓶のような保温性がある事。携帯使用にジャマにならないコンパクトである事。 持ち歩きしても恥ずかしくない(?)デザイン性が高い事。 そして自分を少し主張できるカップデザインも魅力です。

ウォールマグは、ロハスという別の側面でも注目されてます。 LOHAS(ロハス)は、「Lifestyles Of Health And Sustainability 」の頭文字の略。 自分と地球にやさしいライフスタイルを意味します。

ハイブリッドカー、スローフード、クールビズ、リサイクル、風力発電、太陽光発電もその一環です。 アメリカでは成人人口の約30%(約5000万人)、EU圏では約8000万人がロハスに属しているといわれてます。 最近よく聞く「もったいない」もそういう流れかもしれませんね。

オフィスや家庭での「ペットボトル」、「アルミ缶」、「紙コップ」。 リサイクルされる素材だからいいといえばそうですが、やはりいったんはゴミとして出されるもの。 使い捨てを少なくして、繰り返し使えるものを使うという意識が「タンブラー」のちょっとした流行になってるかもしれませんね。

色々探してみましたが、中でもリバーズ(http://rivers.co.jp/wallmug/) のウォールマグが良いと思いました。

ウォールマグ

ホワイト、ブルー、ピンク、グリーンの各色に綺麗な透明感があり、とてもシンプルであきないデザインです。 中央にはくぼみあって持ちやすそう。最大の特徴は、「電子レンジ」が使えること。 これならスープも簡単に暖められます。もちろん蓋もついていますので、安全性もありますね。

また、ウォールマグM11には、保温性アップと飲み物の漏れを最大限に防ぐ「専用バッグ」も出ています。

>> ウォールマグ M11(RIVERS Wallmug Type M11)
サイズ(cm)/ 幅7.5×奥行7.5×高さ16cm。容量320ml(11オンス)
>> ウォールマグ M3(RIVERS Wallmug Type M3)
容量:341ml(12オンス) 。取っ手付き。
>> アラジンのサーモマグ
なんか安い!日本にはちょっとないデザイン。

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。