2006年、春のトレンドカラーは、ズバリ「白」

2006年、春のトレンドカラーは、ズバリ「白」です。

ところで、このトレンドカラーって誰が決めてるんでしょうか? これ「国際流行色委員会」というところが決めてます。 世界18カ国の代表者が集まって選定会議をやり、ここで決められたトレンドカラーが 情報発信されます。ちなみにこのトレンドカラーはインターカラーとも言われてます。

選定基準は、「社会環境・文化・人々の動向・時代の流れなどを考慮」とあります。 はっきり言って意味分かりません。が、 インテリアのカラーセラピー でもちょっとふれたのですが、カラーには個々に人に与えるイメージ(意味)がありますから、時代を先読みしながら、 人がどういう気分へ向いてるのか、またはどういうテーマが向いてるのかを予測しながらカラーを選定する。という感じでしょうね。

実は、このトレンドカラー。実シーズンの2年前に決定されてるそうです。 選定会議は6月と12月の年2回ですから、2006年、春のトレンドカラー「白」は、2004年の6月(又は12月)にすでに決まっていたということです。

そして、実シーズンの12カ月前に、トレンドカラーの素材展が開催され、6カ月前にはちゃんと製品になって、展示会とかファッションショー へとリンクされていきます。なんだかずいぶんシステム化されてますね。

背景には、こんなこともあるようです。

「ノウハウがないまま各社各様に流行色のマーケティングを 展開すれば、マーケットにはさまざまな流行色が氾濫する。これは流行色 の存在をうち消すようなもので、各社お互いに刺し違えて討死ということに もなりかねない。」千村典生(ちむらみちお)

ムトウオンランショップ で、春のおしゃれテクニック「トレンドカラー」徹底攻略という特集コーナーを開催してます(ページ中段あたり)。業界の思惑はともかく、店頭には白物が並ぶでしょうから、予習も兼ねてのぞいてみるってのはいかがでしょうか?

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。