fashy湯たんぽ

fashyの湯たんぽは、ドイツの老舗が作った高品質湯たんぽ

fashy 湯たんぽをさがす

冬の暖房寝具に何をお使いですか?
電気毛布などを使って寝ている冷え症の人は多いという話しをききます。 また朝起きた時に、体がだるくなったり、しんどい思いをする経験をしたりします。

これは必要以上に体をあたためすぎたために、自然の生体リズムに合っていないのが原因です。 そこで最近になってよく見直されてきているのが「湯たんぽ」です。

湯たんぽは温度の変化がなだらかですから、朝までじんわりあたたまります。 自然な形に近く体に優しい温め方をしたい方には湯たんぽはぴったりなグッツです。 今、多くの若い世代、特に女性に支持されているのは、体に優しくて、手軽、そして何よりエコな暖めグッツだからなんですね。

【湯たんぽの利点】

  • ヒーターとは違って、皮膚が乾燥しません。喉もかわきません。
  • 体全体と布団全体が温かくて、快適な朝を迎えられます。
  • 当たり前ですが、電気の消し忘れがありません。
  • 心配な電磁波が発生しません。
  • 残り湯で顔や食器を洗え、エコに優れてます。
  • 眠りはじめ暖かく、朝起きる頃にはだんだんと温度が下がるので、睡眠のリズムに合ってます。
  • 電源不要なので入院中の人も使えます。

【子供にも優しい湯たんぽ】
子供は大人よりのどが渇きやすいです。 子供の方が新陳代謝が盛んということも理由の一つですが、これには体の容積と体表面積の関係が大きく関係しています。 体の小さい子供は、大人より体の大きさと比較して、放熱量が大きいのです。 そのため、寒さに弱く、また奪われる気化熱でのどが渇いてしまうのです。 人肌の穏やかなぬくもりの湯たんぽは、大人にはもちろん、子供には特に優しいです。

湯たんぽの中でも特に注目のメーカー。「fashy湯たんぽ」をご紹介します。

fashy 湯たんぽ
ドイツ・ファシー(fashy)社は1948年の創業の老舗です。 なんとドイツの湯たんぽの半分はファシーの製品といわれるほど、その品質には定評があります。 素材には抗菌性の高いPVC (弾性プラスチック)を使用しています。

ファシー(fashy)湯たんぽの特長は、 ボトル本体と首部につなぎ目のない一体構造になっており、 大きなラッパのような口が、お湯を入れる時にも入れやすくなってます。 また機密性の高いスクリューキャップがお湯漏れを起こしにくくします。

一般のゴム製湯たんぽの場合だと、60℃まで許容度の限界ですが、 独特な熱可塑性の素材によって100℃まで対応してます。 そのため、病院での蒸気殺菌にも耐えることができます。 抗菌加工を施してあり清潔的です。 イギリス規格6728/1:1986に基づきドイツ国内で製造され、安全性についてドイツTOV(独立認証検査機関)にて検査審査されています。

そしてここが一番のおススメ理由。 fashy湯たんぽには、カバーが「かわいい」ものが多くて、見ているだけであったかい気分になれるんです(画像はタートルネック)。

冬は温かく、夏は冷たく冷やして水枕として季節問わず付き合えるのが湯たんぽです。 値段もお手ごろ、おしゃれにやさしく体をいたわるこだわりのグッツです。 地球環境にも優しいところがうれしいですね。

通販 fashy 湯たんぽ

関連リンク:fashyの湯たんぽ

スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。