雨水貯水タンク

雨水貯水タンクを楽天の人気ランキングで発見しました。 雨水を再利用する意識が一般家庭でも広まっているのでしょうか。 いろんな自治体でも援助が行われているようで、グーグルで 雨水タンク補助金を検索するとけっこう出てきたりします。

貯水した雨水は、庭の草花の水やりや洗車、ベランダ菜園、打ち水に使ったりします。 災害緊急時には、飲料用としては抵抗があるものの、 トイレの水には十分使えるのではないかと思います。

延べ床40坪の家の屋根面積は、総二階建てだとすると約30坪(約100平方メートル)、 これに年間降雨量1500ミリを掛けると150立方メールとなり、浴槽750杯分に相当する。

というデータもありますから、雨水利用は節水の面から見てもかなり有効かもしれません。 ちなみに東京で使われる水の量は、年間を通じて東京に降る雨とほぼ同量だそうです。

「雨水貯水タンク」には家の雨どいから水を引き入れる方法が多く見られます。 ちょうど画像のようなつなぎ手を入れて、貯水タンクに引き込みます。 このタイプだと一般家屋ではできますが、雨どいのないマンションでは無理ですね。

雨水貯水タンクは「自作」でやる人もいるようです。 ただ非飲料とはいえ、外部からタンク内にゴミが侵入しない工夫は必要ですし、 雨どいからのゴミをフィルターする機能も欲しいところです。

ボウフラの発生を抑える密閉性が必要だし、 それから、藻の発生を抑えるような光を通さない材質も考慮しないといけないようです。 DIYが好きで、楽しみながら貯水タンクを作るという人には「自作」もいいかもしれません。

市販のものでは、「村の鍛冶屋」さんという楽天ショップで出されてる雨水貯水タンクに人気があります。

■ たっぷり入るタンク容量 80リットル
(4リットルジョーロ 20杯分)
■ ゴミの進入を防ぐ、フィルター付
■ タンク下部に付いているコックを利用し、必要な量を排出する事が出来ます。
■ 一定の水量を超えると、タンク内から自動的に排水されます。
■ T型継手は給水口が詰まった場合、雨水を雨どいへ送ります。
ゴミの進入を防ぐフィルター部分が詰まった場合、T型継手によって雨水は 雨どいの方へ送られるので、通常通りの排水をすることができます。 詳しく見る>>

水道代ってけっこう馬鹿にならないくらい高いですよね。 雨水貯水タンクも実は思ったよりは安くありませんでした。 値段は個人的な感想ですけど。
でも、まあそんなに壊れるような感じでもないし、 複雑な機器もついてないので、長持ちはしそう。 元はけっこう早くとれそうな。。

自治体の援助を受ける場合、「購入予定品の見積書」提出や「タンクの容量」など制限や条件があったりしますので、 購入の前に確認されることをお勧めしますよ。

通販
村の鍛冶屋の雨水貯水タンク
楽天で探す「雨水貯水タンク」

スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。