猫舎道楽堂本舗

猫舎道楽堂本舗 さんをご紹介します。 猫の小物、雑貨、置物グッツを扱っています。 「ねこやどうらくどうほんぽ」と読みます。 ほんわかしたまるい猫キャラクターが猫舎さんの主。 縁起物のような明るさと和風の癒しがマッチした可愛い猫です。

「猫舎道楽堂本舗」の猫ってどんな猫?

猫舎道楽堂本舗 いろんな猫キャラクターが設定されてます。 公式ホームページ (ページ中段「猫舎って何?」参照)をのぞくと、全部で13種類。 細い目の「ゆすら」と、くりくりとした目のかわいらしい「すぐり」、 その弟の「なつめ」。つぶらな瞳の「つくし」と「よもぎ」などなど、 猫の家族やその仲間達が登場してます。 (画像は「ゆすら」)

月ごとに楽しめる猫の置物も楽しい

月のテーマにそった猫舎の置物がかわいい。 3月にはおひな様を飾り、お酒を飲み、5月には兜を中心に端午の節句を祝う子猫たち。 7月には彦星猫と織姫猫が天の川を間にラブコール。 9月には月見だんごを前に兄弟なかよく並んでお月見。

幅:約170mm、奥行:約138mmの木台には2~3の猫がついていて、それぞれに表情があって楽しいです。 毎月、月初めに置物をかえて飾っていくのもオツ。

心がなごむ和の雑貨

猫舎道楽堂本舗が扱っているのは、猫の置物だけではありません。 小さなものではマグネット。 巾着、がまぐちなどの小物。 箸置き、茶こし付きマグカップのような雑貨類。それから陶器製の小さな猫の置物で、中に香り 玉を入れることで、小さな芳香剤とし楽める「香り玉」もあります。 どのグッツにも猫舎の猫達が大活躍。和の雰囲気にぴったりな落ち着いた癒しグッツです。

猫舎ファンなら、ソラマメ商会もはずせない!

ソラマメ商会は、実は「猫舎道楽堂本舗」の作者「磯貝由香里さん」のお店です。 手作りの陶人形を販売されてます。磯貝さんの作品は一言で言うと「あったかい」。 身近な動物を扱ってますが、手作り感あふれる柔らかさと作品に対する愛情が感じられます。 手作り商品のため、在庫はいつも1個。でもそれだかこそ、買ってくれた人のために作ったようなもの。 通販ファンのグッツマガジンとしては、いちおし本命はむしろ、ソラマメ商会だったり?

猫舎道楽堂本舗の製造元は株式会社ナガヤ。 愛知県名古屋市で、インテリア雑貨メーカーとして35年間、 商品を創り続ける。 最近では猫舎のニセモノ、類似品も出回ってるので、商品の製造元を確認して欲しいとのことです。

猫舎道楽堂本舗、ソラマメ商会は楽天でショップを出されてます。
通販 猫舎道楽堂本舗 ソラマメ商会

スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。