マリメッコ テーブルクロス

マリメッコ(marimekko)は、フィンランド生まれ。人気の北欧デザインです。

中でもマメリッコのテーブルクロスは、大きな面にあますことなくマメリッコデザインが表現されています。基本的なウニッコデザインは、大柄なパターンと原色を配したデザインで、キッチンリビングがとても明るくなります。
PR>>マリメッコ テーブルクロス

デザイン
マリメッコのデザインは豊富です。大柄で明るい花のデザイン、ウニッコはもう有名ですね。

カンテレーンクッツは、壁画のようなデザインで、民謡楽器や動物が描かれてます。ほかに線画のような小鳥が描かれた眺めていて味わいのあるデザイン(PIKKU PAKKANEN)。水玉の背景にサクランボが散りばめられたデザイン(KIRSIKKA)。どれもみなフィンランドのマリメッコらしく、テーブルがパッと映える感じです。

素材
マメリッコのテーブルクロスは、水をはじくコーティング生地がよく使われてるようです。コットンに塩ビコーティングといわれてる加工がされています。

水やジュース類のこぼしもサッと拭けますし、シワもできにくいので、このほうが実用的です。こうした素材にもこだわりたい方は、ここはチェック項目になると思います。

測り売りもできる
マメリッコのテーブルクロスは、測り売りされてるケースもあります。
楽天の通販でも可能で、長さ(丈)に応じて値段設定がされています。
10センチ単位で注文できるお店もありますので、これだとお金もムダになりませんし、買ったあとに裁断する手間もはぶけますね。まっすぐ切るのはけっこう大変です。PR>>マリメッコ テーブルクロス

ところで、マリメッコは、「マリーちゃんのためのドレス」という意味。スカンジナビア語だそうですよ。
1958年に、アメリカ大統領選夫人のジャクリーン・ケネディがマリメッコのドレスを着て登場したのがきっかけで、世界的に広まっていったとのこと。
スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。